マキは、弟がもうすぐ生まれることを心待ちにしていた。マキ自身は両親の実の子ではないのだが、それでも何ら変わることなく大切に育ててくれていた。実の子である弟が生まれることで、両親の愛情が失われるのではないかと心配していたマキ。そんな時にジアースと契約したことで、彼女の中で決意が固まる。自分がいなくなっても、弟が両親を幸せにしてくれる。だから、新しい家族を守るために自分は戦うと。しかし、幼い頃に父が自分を本気で叱ってくれたこと、その後に優しく接してくれたことなどを思い返しているうちに、マキの心境が変わっていく。「少しでもいい。お父さんとお母さんと弟と、4人で暮らしたい」――マキの願いは叶うのか?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001