ゴルナ法王亡き後、第247代十字星教法王となったレイチェルは、十字星教の教えに従い、信者達と共に黒十字へと旅立つ。一方、クレオ・ミシェル達人民軍とヴェッティ率いる神聖皇帝軍の戦いは熾烈を極めていた。そんな彼らの行為を嘲笑うかの様に、黒十字は全銀河を飲み込む勢いで肥大化し続ける。クレオは、この銀河を黒十字から 救う事が出来るのか?クレオとヴェッティの戦いの行く末は?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001