地虫十兵衛と風待将監が天膳たちによって討たれ、甲賀組に渡るはずの巻物は燃やされた。伊賀・お幻屋敷では、弦之介達を迎えての宴が催されていたが、朧以外に彼らを歓迎する者などいるはずもなく、殺意渦巻く空気に気づきながらも、無邪気にはしゃぐ朧に心和む弦之介。そして夜更け、雨夜陣五郎は弦之介を、朱絹は丈助を討つべく動き出すが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001