クリードは世界中に秘密結社・クロノスの存在と暗躍を曝した。クロノス長老会は、「全ての始まりは、クリードとNo.ⅩⅢ・トレインの離脱から」と考える。セフィリアは単身トレインのもとへ向かい、離脱した代償としてハーディスの返還を求めたが、そんな二人の前に、星の使途を離脱したはずのシャルデンが現れた!!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001