少し前から妙な視線を感じると、夏野はいぶかしんでいた。そんなある日、留守にしている間に、何者かがセキュリティも完璧な、夏野の部屋に忍び込み本を一冊置いていった。それは偶然にも桜に薦められて買ったばかりの本。長編小説大賞審査員特別賞を受賞した、平安堂の新人・藤巻蛍の本、『蛍星恋話』であった。何故、この本が……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001