柚希は、中学時代の恭輔との出来事を青大に話す。そして当時優しく支えてくれた恭輔に感謝していること、今度は自分が恭輔を支えたいと思っていることを青大に打ち明ける。柚希の気持ちを知った青大は、これから自分がどう振る舞うべきか悩む。そして青大が出した答えは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001