潤和が隠されていた「事実」に気が付いてしまったとき、街は不思議な霧に包まれた。グニャリとゆがむ時間、場所。昼下がりの街に立ち上る、白い陽炎。「私はここで、全てを見ている…」そして、記憶は紐解かれる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001