笑顔の父と母、手を振るのは小さな妹。幼い頃の記憶は、川岸で咲き乱れる彼岸花の中。そしてその下に眠っていたのは、覚悟のない者が手にしてはいけない「遺物」だった…。幸せだったあの日に潤和が願ってしまった真実、そしてその代償とは?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001