梨々は、百色と暮らすうちに怪盗の仕事に憧れる様になっていた。だが、それがきっかけで双葉とケンカをしてしまう梨々。お互い意地を張り、謝ることが出来ない二人。そんな矢先、熱を出して倒れた百色の代わり、梨々はこっそりと怪盗の仕事を引き受けてしまう。そして、その依頼先に梨々はデュラハンと向かうのだが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001