図らずも唇を重ねたありすと有人。その二人の関係の変化に気づいてしまったきらはは、現実を受け止めることができずに思い悩んでいた。一方、ありすを呼び出してお互いの気持ちを再確認する有人。それを目撃したきらはは、キサにより一度は立ち直りかけたものの再び思い悩む。そんなきらはの気持ちを慮ったキサは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001