竜之介のことが気になって仕方がない沖田。勇子と歳絵に問い詰められ、竜之介を好きになってしまったことを打ち明けた。一方、万博会場で許可書を持った妖怪がいなくなってしまう事件が頻発し、早速捜査に乗り出した新撰組だったが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001