ダンスが抜群にうまい天才肌のリーダー芝田響(ヒビキ)、牧師の息子でパティシエの一條・サーディン・鈴太郎(サーディン)、琴占いで全てを予言する三浦未琴(コトッチ)、風変わりな3人のカフェに、ある日、一人の青年・石川楽(ガク)が"人を幸せにするパティシエになる"という夢を抱き、亡き父のライバル中村奏彦(マスター)が経営するこのカフェに修行に来た。しかしマスターは、ほとんど留守、ヒビキは、踊り跳ねて客への過剰なサービスなど思い描いていた修行ができず不満を募らせていく。
3ヶ月が過ぎたある日、店に結婚式の引き出物の注文が舞い込んでくる。大量注文を受け付けないカフェの方針を知りながら、ガクはみんなに黙って依頼を受け一人でクッキーを焼こうとするのだが結局、一人では何もできず失敗するが、危うく仲間の助けを得て事なきを得る。友情と信用を得たガクだが時間だけはガクを待ってはくれなかった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001