島の人々に見つかってしまったウィリアムは、キュのおかげで、村の長老である祭祀長の家にかくまわれることになる。ボジンはウィリアムに会うため足しげく通う。それを見たヒャンドルは祭祀長にボジンとウィリアムの関係を報告する。祭祀長は、ウィリアムの友人ヤンが東インド会社の者だと分かると、ウィリアムと引き換えに取り引きしようとする。成功すればソリン商団と手が切れると信じて。一方、キュの正体を知ったソリンは、キュの両親に近づくが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001