突然、花嫁修業に明け暮れることになったボジンは、あまりに急変した日常生活が窮屈でたまらない。一方、ソリンは外国との交易に閉鎖的な領議政を突然死に見せかけて暗殺。宮廷を開国へ動かそうと企てる。監察御史となったキュは、宮廷内の動きに不穏なものを感じ、調査を開始する。そんな中、パク・ヨンの家に預けられているウィリアムはボジンにこっそり手紙を送るが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001