謀反の罪で捕えられたキュは、王にタムナを朝鮮の地として守ってほしいと訴える。結局捕らえられたキュとウィリアムは同じ監獄で、これまでの誤解を解きながら夜を過ごす。そのころ、ボジンはヤンと共に二人を救出しようと奔走していた。実は、王の手元には、ソリン商団の陰謀の内容と、その証拠を書いた前王からの手紙が届いており…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001