再び日常に戻るミレ。賞金を楽しみにしていたが、ジョンドからすでに賞金が渡されたことになっていると聞き驚く。親しくなったグクに何とか手助けを頼もうと訪ねたが、その場には婚約者ゴヘが。賞金の件をグクに冷たく拒絶され落ち込むミレ。100万ウォン受け取って2000万ウォンの領収書にサインしろだなんて。そんな時、ジョンドが辞表を出したと聞きミレは驚いて理由を聞こうとするが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001