すでに辞職願を出していたと衝撃の告白をするミレ。激怒し法的手段に出るというゴヘに、グクは「君と大韓グループを守るために、そんなことはよせ」と説得する。再び互いの気持ちを理解し合ったミレとグク。一方、ゴヘは父の口から今回の工場誘致の裏側にある真実を知り、これ以上グクを自分のそばに引き留める方法がないことを悟るのだった。そしてグクはBBのオフィスへ。遂に二人は真っ正面から対決するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001