死んだのはピョンジュンではなく強盗だった。しかし、奪った財布や腕時計を身につけていたためピョンジュンと誤認され、ウンソンたちはピョンジュンの葬儀を出す。遠くからそれを見つめ、結局自分を死んだことにしてしまうピョンジュン。一方、ピョンジュンの会社は倒産。ウンソンたちは一文無しになり、継母のソンヒからもこれ以上一緒には暮らせないと言われる。自閉症の弟を連れ知り合いに身を寄せるが、慣れない環境に弟が騒ぎ出し、再び行くあてを失い…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001