光の錬金術師と呼ばれる照明デザイナーのミョンインは新しくオープンするギャラリーの照明デザインを引き受ける。
"ツバキの花を持つ女"という写真展を見ていたミョンインは1人の女の姿に気づき、あとを追うが、途中で見失う。そして、そこには赤いハイヒールが片方だけ残されており、写真の中の女が履いていた赤いハイヒールも片方が消えていた。ハイヒールを片方だけ持ち帰ったミョンイン。
恋人のジヘが旅行に出かけた夜、チュニという女が現れ、ミョンインを誘惑する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001