愛する妻がこの世を去った後、生きる意欲を失ったビョンウは、毎晩ベッドに入るたびに二度と目が覚めないことを祈りながら、無気力な日々を送っていた。
ある日、とうとう自殺を決意し、人里離れた山荘にやってきた彼は、天井にロープをぶら下げる。ロープをつかみ、声もなく泣くビョンウ。その涙が床に落ちた瞬間、どこからか女のすすり泣く声が聞こえてきた。
ビョンウはその声に導かれるように、山荘の外の森の中に歩いていった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001