その日、栄華館を訪ねたのは富豪のイ・ヨンイクという男性と3人の妾だった。
なんでも、体の弱かった前妻が子供を産むことなくこの世を去ってしまったため、3人の妾の中で先に息子を産んだ者を正妻として迎えるつもりらしい。
ジョンソンは男児選好思想に陥っているイ・ヨンイクには治色をしたくないと言い、代わりにファヨンが治色を担当することに。
一方、ソヌはパク・ヨンウを殺しながらも素性を隠し、ジョンソンとの仲を深めていくが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001