ジョンソンは治色日誌から「乙巳年5月、枯れない桜の木の下に朝鮮復活の種を封印する」という暗号めいた文章を発見する。
実際に庭にある桜の木の下を掘ってみるが、そこには犬の骨が埋まっていただけだった。
ある日ソヨンとウンファが路面電車に乗っていると痴漢に遭い、ナカムラ巡査らとともに犯人探しを始める。
また栄華館には大学教授である夫とのセックスレスに悩む妻が相談に訪れるが、捕まった痴漢の顔を見ると…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001