京城最高のボクサー、カン・チュングの陰には常に妻の支えがあった。ある日その妻は栄華館を訪れ、夫婦生活が翌日の試合に影響を及ぼすこと、そのために夜の営みを控えていると話す。
妻は栄華館で、消耗しない治色を習うこととなった。しかしソヌの養父が日本からソヌのもとを訪れ、自ら栄華館に乗り込んできた。
金庫のありかを探すも見つからず、養父は2日以内に金庫を元に戻さなければ栄華館を爆破させると言い残しその場を立ち去るが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001