サンハクは電車の中で痴漢と間違えられてしまう。
相手は顔、体、心すべてよしの、サンハクの理想の女性だった。しかし、突然自分を避け始めた彼女に理由を聞くと、おばあさまの許しが必要だと言う。
彼女の家に行くと、なんと彼女は"巫女"だったのである。
崇める神(おばあさま)の許しを請う彼女の姿を見てとまどうサンハクだが、彼女をあきらめきれず二人は結ばれる。
しかし、サンハクに少しずつおかしなことが起こり始め……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001