インスクがジフンの後援者であるという記事に憤慨したコン会長は、二人を監禁しろとの指示を出す。 インスクは、コン会長がビョンジュンまで利用して自分を排除しようとしていることにショックを受け、突然涙があふれてきた。 ジフンは、閉じ込められる前にこっそりと持ってきたミンギョンの電話でチュンギと話そうとするが上手くいかない。ジフンは、インスクに近寄る姿に驚いた保安チームの人々が入ってきた隙を利用し、ヒョンジンの車に乗って脱出を成功させる。 ジフンは、コン会長にインスクの禁治産者の申請資料をつきつけ、インスクを開放することを提案するのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001