ギファンは子どもらの負担でしかない自分の境遇に絶望する。チェリョンはギファンのうつ病治療に役立つといわれ、ホリョンが止めるのも聞かずヒョッキを訪ねる。ヒョッキに借金をするつもりだったが、ヒョッキとウッキの貧しい暮らしぶりに心を痛める。マンスは家庭の事情を悪化させた自責の念から家出し、スクヒは一人、引越しの準備をする。
一方、ヒョッキとウッキはギファンを訪ね、ドッキの死の一部始終を説明し謝罪するが・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001