チェリョンはギファンが逃走したと聞きあわてるが、それは虚偽申告だった。ピルソクが主催する学会に金融業者や刑事が押しかけ、彼はギファンの過失致死容疑を知る。ギファンは無料療養所へ行くと言い出し、チェリョンとホリョンはそれぞれ違う反応を見せる。ピルソクは弁護士を雇いギファンの過失致死事件の再調査を指示するが、チョンジャはエリョンをののしる。カッとなったジングは、自分の家庭にも潜む事情を暴くと脅しをかけるが・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001