ジョンソクがヒョッキを脅迫して去った後、その現場を目撃したイ弁護士がヒョッキに近づく。ジョンソクは偶然、ソネの車と接触事故を起こすが、免許証を要求され逃げる。イ弁護士によって本格的な調査が始まり、ジョンソクの暗部がしだいに露見するが、チェリョンはすべてが自分のせいに思え心が重い。
一方、「シャンテル」を訪れたジングとエリョンに依然わがままにふるまうセヨンを見たチェリョンは、彼女の頬をなりふりかまわずひっぱたく・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001