一文無しで行く当てのないジョンギル一家は、仕方なくマンボクのルールに従うことにするが、真面目に仕事をする者はいなかった。一方、ヒョンスは今までメールのやり取りをしていた相手がジョンギョンではなく、ジョンインだったことを知りショックを受ける。そして再びジョンギョンから、未練を捨ててほしいと言われてしまい…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001