マンボクが意識を取り戻すと、家族もみな笑顔を取り戻した。意識は戻ったものの、まだ食べ物を飲み込むことができずに苦しむマンボクが心配ながらも、クムジャはおかゆを作るのが楽しそう。ジュンベは、少女がマンボクに会いたがっていると、カーセンターの庭で二人を会わせる。一方、ソンジュンは、守りたい存在が出来たとしながら、次のプロゴルファーQスクールの1次戦を通過してジスを連れて来ると、申込書を作成し…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001