ヒョンドは、顔が溶け死に至る人々がいるという知らせを受け、ジャンマンとともに調査を始める。そこには、暗い洞窟に隔離された患者がいた。その患者は、「口にすれば呪いを受ける」という謎の言葉を残して倒れる。その頃ホ・ユンは、最近この村で出土した黄金の第一発見者がソクボムであることを知る。ヒョンド一行は、関わった者が次々に死に至るこの黄金に何らかの秘密があると確信し、黄金の行方を探しに出るが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001