以前、吏読の大家が住み、幽霊が出没すると噂される廃屋に到着したヒョンド一行。そこで一行は、全身が引き裂かれ傷だらけの死体を目にする。廃屋内を調査したヒョンド一行は、あまりにも荒れ果てた姿に不審を抱く。するとそこに、廃屋をさまよう巫女の姿が!一行にとらえられた巫女は、この廃屋には先祖の怒りが宿っていると主張する。夜が深まり月食が始まると、廃屋は不気味な空気に包まれ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001