娘のミョンジがいなくなったと、ソルランの元を訪ねる母親。家の門に木彫り人形が残されていたことを聞くと、ソルランは昔の辛い記憶が蘇ってくるのであった。ミョンジの髪飾りと暗号が書かれた手紙がヤギョン達の元に届き、遂に犯人との頭脳戦が始まった。事件を捜査する中で、ソルランは普段とは異なり、感情的に取り乱し、周囲を驚かせる。それには、ソルランの壮絶な秘密が隠されていたのである。彼女の周りで鳴り響く鈴の音の正体とは一体…?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001