貧しい家庭に生まれながらも、自ら学費を稼ぎ、誰よりも勉学に勤しんでいた書院の模範生のウォンソク。そんなウォンソクが失踪してしまう。数日後、彼を待ち続けた母親の前に現れたのは、他でもないウォンソクの遺体であった。ヤギョンはウォンソクが失踪する前夜、書院で免新礼という会が開かれていたことを突き止める。そんな中、容疑者として名前が挙がっていたジェホの元に死んだはずのウォンソクから手紙が届く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001