キョンファがお見合いに出かけ、相手に好感を示している様子を見たドクチャは体調までも崩し、寝込んでしまう。しかし後ろめたい気持ちを抱えながらも、キョンファはミョンファンとの関係を進めていく。やがてミョンファンがドクチャに挨拶をしに来る。ジヨンは徐々にユンシクに好感を持つようになっていく。2人は頻繁に会うようになり、次第に互いの心の内を話しあうようになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001