イネはハナがサンシクと結婚する爆弾宣言を聞いて、チュンヒに不満を言うが、チュンヒは意外と淡々としている。サンシクはハナと一緒に、家族に正式に結婚の許可を得ようと決心する。ハナと一緒に入ってきたサンシクを見て祖母はあぜんとする。2人は家族みんなの前で結婚する決心をしたことを告げる。以前のように投票をしようとドクチャが言うが、祖父は最期まで祖母の意向に従うと言う。祖母は悩んでなかなか寝つけられない。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001