ウンニムとソニョンは、はぐれてしまったユビンを必死で捜していた。そんな中、ウンニムは車道に出てしまったユビンを発見し、無我夢中でユビンを救う。ソニョンは、ユビンを抱いて泣きながらウンニムにお礼を言う。そこにセフンが到着し、ソニョンからユビンを奪い取って抱きしめ、「自分が産んだ子でなくとも母親としての責任はしっかり果たせ」とソニョンを激しく責め…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001