意識が戻ったのか、手を伸ばして苦しげにバンウルを呼ぶウンニムを見ながら、ガンホは胸を痛める。自分がそばにいるから泣きたければ思い切り泣けと、ウンニムを抱いて慰める。次の日、会社で食欲が無いと昼食を食べずにいるウンニムのため、ガンホは冷めないよう背広の中におかゆを抱えてウンニムの前に現れる。ウンニムは、その姿にたいへん驚かされ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001