チョルとの酒の場でけんかに巻き込まれたガンホが交番にいると聞いたヒャンスクは、誰に似てこんな悪い癖をつけたのかと、ガンホを責める。ウンニムは、ガンホが置いていった1本のバラとメモを見て、思わずほほ笑む。病院でクムジャに出くわしたヒャンスクは、逃げるように病院を出ていく。こうして独りになってしまったおばあさんは、クムジャの力を借りることに…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001