病院で偶然会ったスジョンから、コン会長が会いたがっていることを聞いたガンホは、気が進まないながらもセガン企業に行く。コン会長に、娘のスジョンに対する気持ちを聞かれたガンホは、正直に好きな女性が存在することを打ち明ける。思いがけない答えを聞いたコン会長は不快感をあらわにし、ガンホの家にこの事実を知らせる。話を聞いたヒャンスクはガンホを激しくなじるが、ペク・イルは、ガンホをむしろ慰め…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001