ガンホの交通事故がウンニムを助けようとしたためだったと知ったチ女史が、二人の結婚を断固として反対するが、ペク・イルはガンホの結婚を許してやろうとチ女史を説得し、両家の顔合わせが実現する。しかし、顔合わせは冷めた雰囲気の中、終わる。チ女史は、みすぼらしい姻せきは恥ずかしいと、結婚式を準備する金を渡すようヒャンスクに指示する。一方、結婚式が始まり、チョンジャとソウォルに連れだってきたクムジャは、ウンニムを見て…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001