ソニョンは、セフンの浮気を責めながら離婚を切り出す。チ女史は、遊びに行った友達の住むマンションで、警備中のインドクに会いたいへん驚く。ウンニムに、なぜ言わなかったのかとしながら、インドクを適当な職場に就職させるようヒャンスクに指示する。ナンジョンは、食あたりの薬を買いに行った薬局で、妊娠テストを先にするよう勧められる。一方、ソニョンが、愛人のいるセフンとは離婚すると言い張る。そんなソニョンにヒャンスクは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001