ユビンが自分の子どもであることを知ったウンニムは、悲しみをこらえきれずにユビンを見ながら涙を流す。一方、ソニョンはユビンといっしょに暮らせるようセフンに訴えるが、セフンはまったく聞き入れない。ヨンヒの店の経営が悪化したことを偶然知ったセフンは、手助けをするためヨンヒと会う。セフンのオフィスでヨンヒを見かけたヒャンスクは、警告を無視して再び現れたヨンヒに憤りを感じ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001