独りカフェで台本とコンテを見ながら動きを確かめるライムの前にジュウォンが現れ、幼稚なハートのサインのせいでデパートのイメージが変わってしまった、キム秘書を解雇するつもりだと告げる。恐れをなすライムの表情を見たジュウォンは、今後はいつでも自分が会いに来た際には愛と感謝、喜びと歓喜をもって迎えるように話すが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001