休暇を終えたユンソンはミジュの提案を受け入れ、特別訓練の教官を引き受けることにする。急に退職を撤回したユンソンを不審に感じたホン副社長は、ユンソンの過去を調査し始める。ダジンたち副操縦士の訓練教官としてユンソンが任命され、授業をすることになる。一方、ユンソンがダジンの叔母マルジャの借金を肩代わりしたことを知ったドンス(イ・チョニ)は悔しさのあまりユンソンと酒を交わしダジンへの思いを明かすが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001