永遠に続く愛のように感じさせたヒョヌとの出会いは、タニャの痛快な膝蹴りで終わりを告げる。再び、次の星座の主人公を物色するミルとタニャは、ミルの大学時代の初恋であり、魚座のウォンビン先輩を思い出す。大学時代、女学生たちが憧れて追いかけまわしたバンドのボーカルだったウォンビン。彼を捜し始めたミルは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001