ジホンは秘書として紹介されたノ・ウンソルの条件の悪さに驚く。秘書を選んだ従兄弟のムウォンに対し、自分を監視するためにスパイを送り込んだのかと責め立てる。ジホンはウンソルが自ら辞めていくよう、あらゆる無理難題を押し付けて追い出そうとする。ある日、ウンソルはジホンの視察に同行し、人混みの中で倒れるジホンを目撃する。その数日後、ジホンは財団創立記念スピーチの場でも言葉に詰まり途中で退席してしまい…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001