真犯人を突き止めるために始まった「旬頭殿講」は、思わぬ方向へと展開する。ユニはソンジュンに、感謝の気持ちをこめて本心を打ち明ける。そしてソンジュンは、ユニにそばにいてほしいと告げる。一方、ヒョウンはソンジュンとの甘い一夜を夢見て、ヨンハはその姿を見ながら面白いことを考えついたという。果たして、ヨンハのとんでもない計画とは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001