ガヨンはヨンゴルの傷と痛みが自分のせいだと思い胸を痛める一方、ジェヒョクの切なる留守電を聞き涙を流してしまう。ジェヒョクの会社を辞めたガヨンは、ヨンゴルの反対を押し切って工場に寝泊りを始めたため、連絡が取れず心配したジェヒョクは工場を訪れて会社に戻るよう頼むのだった。ヨンゴルはアンナを利用してジェヒョクの父親に会い、アンナはヨンゴルに準備してもらった事務所の開業式を行い人々を招待するが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001