1人の女性を愛する男であるより、保育専門家のマニーとして原則を守りたいイハンは、この場を去ることを決意する。その準備を少しずつ進めるイハンの態度が何のためなのかわからず、不安を募らせるドヨン。結局、胸に秘めた思いをイハンに打ち明けてしまう。一方でジャニスは、自身を受け入れなかったイハンに怒り、傷つき…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001